自宅で行うムダ毛処理
脱色

肌に毛自体は残るため、他のムダ毛処理法よりは行っている人が少ないかもしれませんが、脱色をするという方法もあります。ですので、痛さや肌への大きな負担を心配する人は、脱色して目立たなくするというのもいいかもしれません。

脱色を行う場合には、太くて濃い部分は脱色の効果があまり見られず不向きであったり、色が抜けて目立たなくなるだけですから、当然、肌はつるつるではなく、毛が残っている状態になるなどといった点は、人によっては、好ましくない点かもしれません。また、肌をあまり傷つけないとは言っても、脱色を行うと肌は乾燥しがちにはなるので、保湿をしっかりと行うことが大切です。脱色クリームは手頃な値段で購入できるので、経済的でもあり、黒い色が入ってくる度に、定期的に脱色を行うのも苦にならずできるため、美しさを保てます。

脱色クリームとして昔からあり、今もよく使われているものに「ヴィート むだ毛脱色クリーム」があります。これは、脱色剤の嫌な匂いがなく、ミルクローズの良い香りがします。2種類のクリームを混ぜて使用し、そのままの状態で5分程待てばムダ毛は目立たなくなります。

そしてもう1つ、「エピラット 脱色クリームスピーディ」などもよく使われています。この商品は肌を守ることを大切にしており、カモミールエキス、海藻エキス、肌の保護成分である植物性スクワランなどが含まれています。

また、脱色剤を使用したムダ毛処理では、とにかく安全を考えることが先決であり、たいへん重要です。匂いがきついため、換気をしっかりとした場所で行います。また、薬品が目や口に入らないように注意が必要です。