ムダ毛処理とは
ムダ毛処理の注意点

夏に女性を悩ませる要因の1つであるムダ毛は、私たちの体全体で100万~150万本生えていると言われます。この毛は、毛を抜いたときに丸くなっている部分を毛球、皮膚から出ていて部分を毛幹、皮膚内部に埋まっている毛を毛根と言います。この毛を、いろいろな手を使い処理していくわけですが、その際に注意すべき点がいくつかあります。

まず、脱毛によるムダ毛処理において注意することについて紹介しましょう。なるべく生えてくる速度を遅らせ、手間のかかる処理の頻度を下げようと、毛抜きなどを使用して毛を抜くことがあります。

しかし、この場合、毛穴が目立つようになったり、皮膚がかゆくなったりするのは、毛根とつながった毛細血管が痛むことで出血や炎症の発生によって起こるのです。ほかにも、脱毛の際、毛根が横に引っ張られることによって、毛先が皮膚内に埋まり、そのまま伸びていくといった現象も起こりやすくなります。

そして、脱毛よりもさらに、問題が起こりやすいのが、カミソリによる除毛です。何よりも注意すべき点は肌への負担です。まず、基本ではありますが、乾いた肌にカミソリを直接使用し剃るのは最も肌を痛めます。では、何を使えば良いのかと言うと、ワセリンや、女性用のシェービングクリームなどを付けて剃るといいでしょう。

また、すぐに生えてきてしまう、除毛ですが、あまり高い頻度で行うと、それだけ肌を傷めることになります。それから、生理前後も抵抗力が落ち、皮膚も敏感になっていますので、避けるべきでしょう。